クレアチニンを下げるためにはまず食事から

腎臓病と格闘する方に有用な、低たんぱくの特殊食品があります。こうした製品を上手に活用する事で徹底した食事管理をおこなえます。腎臓機能が落ち込む程に、現状以上に細かに食事を管理しないとならない状況に陥ります。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限も追加されるのです。個人の見解で判断するのではなく、きちんとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうので、排泄時に腎臓に負担がかかります。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)1kg換算0.6g/日であり、一日分に変換した場合30~40gとなります。日々の食事で得たたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにしましょう。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷をうけるので正常な血流がおこなわれず、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。加えて尿と供に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に増えてきます。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。ですから適正な食事療法を行ない、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値摂り続ける必要があります。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を含んだ食事を造る場合、細かく切り分けて水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の形状・水量・所要時間により相違します。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓内で分解された末尿中に排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉が衰えてくると、合わせてクレアチニンの数量も減るりゆうです。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの量が多くなるために、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多く入っているのです。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個と同量くらいのたんぱく質が含有されています。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。そうとう上手にいった場合、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられたりするのです。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って努められる最善克つ最短の治療手段なのです。腎臓病の食事療法の目的は、なるべく腎臓病を悪化指せない事と、体調を良好に保つことにあります。透析が必要無い保存期の間は、食事療法次第で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を要する時期を極力遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は非常に重要な治療法です。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品中における全水分が相当します。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分の制限のみで済みます。制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量から医師が特定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので独断で制限を行う事は危険です。続きはこちら>>>>>クレアチニン 下げる 食事 宅配